半導体

離型剤を使うことで今までの業務が遥かにスムーズに!

SITEMAP

成形現場の2つのロスを減らせる離型剤のおすすめ

プラスチックやゴム製品のメーカーでは、素材に一定の形状を与え、製品として販売可能な状態にするステップとして、成形という作業を行います。この際、離型剤として最適なものを選ぶことで、成形の過程で生じがちな2つのロスを極力減らすことが可能になります。
まず、ひとつめのロスとして、原材料のロスがあります。これは、離型剤の働きが良くなくて、金型から上手く成形物を取り出せなかった場合です。ゴムやプラスチックは、一度製品の形に固めることが出来ても、離型剤が効果的に機能してくれないと、型から分離する段階で壊れたり歪になったりするので要注意です。フッ素コーティング剤を使った離型剤は、フッ素樹脂塗膜の持つ非粘着性という特性のお陰で、この段階の作業を極めて楽にしてくれるのでおすすめです。
ふたつめのロスとして、作業時間があります。理想を言えば、一日の稼働時間をフルに使って成形作業を行いたいところですが、途中で離型剤の効き目が切れると、作業の継続は不可能になります。継続すれば、第1のロス、つまり、失敗作を出すことによる原材料のロスにつながります。フッ素系離型剤だと、離型剤の効き目が劣化してきたときに、さっとその場で刷毛を使って追加コーティングできる製品があります。成形作業を行う現場には、こういった離型剤を備えておくと、作業時間のロスも減らすことができるでしょう。

離型剤選びでは持続性と現場での使い易さを重視しよう

フッ素系、ワックス系など、離型剤にもいろいろ異なる製品があります。成形プロセスの要となる重要な存在である離型剤、これを選ぶ際、重視するポイントとして離型性能そのものを外せないことは言うまでもありません。離型性能とは、どの程度綺麗に、簡単に、成形物を金型から取り外せるか、その効果の高さで判断しま…

MORE

成形現場の2つのロスを減らせる離型剤のおすすめ

プラスチックやゴム製品のメーカーでは、素材に一定の形状を与え、製品として販売可能な状態にするステップとして、成形という作業を行います。この際、離型剤として最適なものを選ぶことで、成形の過程で生じがちな2つのロスを極力減らすことが可能になります。まず、ひとつめのロスとして、原材料のロスが…

MORE

安くて便利で高品質な製品づくりに役立つ離型剤

世の中には様々な優れた技術がありますが、一つの技術が多方面の分野で多大な貢献をしている例もあります。フッ素コーティングがその一つの例です。フッ素コーティングは、その技術そのもので、医療分野、アパレル分野、食生活に関する分野全般で多大なメリットをもたらしていますが、もう一つ、別の顔で、こうした分…

MORE

離型性能が高い離型剤で破損しやすい製品も綺麗に成形可能

プラスチック製の軽量で持ち運びしやすいカトラリーがあります。フォーク、ナイフ、スプーンなどがポピュラーで、使い捨て前提で、お弁当用に使ったりキャンプの時に大量に持参したりできる便利な製品です。軽くて持ち運びが楽なことはメリットですが、金物と違って、ちょっと力を入れすぎただけですぐに折れるという…

MORE

post list

SITE MAP