半導体

離型剤を使うことで今までの業務が遥かにスムーズに!

SITEMAP

手元に置いて必要な時にいつでも使える離型剤の便利さ

一斗缶

フッ素コーティング剤が主成分の離型剤の中には、刷毛で塗布するだけでいい製品、或いは、スプレー噴射で離型剤を追加塗布できるとても便利なものがあります。こうした製品を使うことには、いくつか非常に大きなメリットがあります。
例えば、生産を急ぐ場合、成形現場では何度も繰り返して連続離型せざるを得ない状況になりがちです。商品の売れ行きが早く、消費者の興味関心が高まっている機会を逃さずになるべく多くの製品を売ろうとすれば、多少無理をしても対応する必要が出てくるでしょう。連続離型を行うと、どうしても離型剤の効果が薄れるタイミングも早くめぐってきます。そんな時、手元に自分たちで追加塗布できる離型剤があれば、生産スピードを落とさなくて済みます。
もう一つのメリットは、現場の作業スケジュールや人員配置をよりフレキシブルに行うことが出来るようになることです。離型剤で金型をコーティングする作業を外注に頼っていると、成形作業をスケジューリングする際に、金型の離型剤コーティングが仕上がる時期に合わせる必要が出てきます。これだと、作業現場をいつ休暇にするか、いつどれだけ生産するかを自分たちの都合だけで決めることが出来ないので、かなり不自由な思いをするでしょう。
離型剤は、やはり、現場での対応をしやすくしてくれるフッ素系を選ぶ方がいいでしょう。

作業に最適な離型剤を選んで業務の無駄をなくし効率化を図る

ゴム製品などを製造していて、予定通りの数の製品を順調に製造できない場合、成形プロセスを一度見直してみるといいかもしれません。成形プロセスで順調に製品を形作る作業が完了しないと、その後、それを市場に出すまでの工程が全て遅延もしくは停止してしまいます。成形プロセスが順調に進まない一つの原因として考えられるのは、製造しているものに最適な離型剤を使っていないということです。
例えば、精巧な設計で壊れやすい製品を作っているのであれば、成形から離型に至る手順の中で、製品に余計な負荷をかけずに済むよう、高い離型性能を持つ離型剤が必要です。この点、フッ素コーティング剤を成分とするフッ素系離型剤であれば、型からそうした難易度の高い成形物を取り外すことも、特に難しくはありません。
離型性能がこれよりも劣る離型剤を使っている場合、折角成形したものが離型の際に壊れてしまい、その分をどこかで追加で作る必要が出てきます。そのような失敗作が一つや二つならいざ知らず、大量に出た場合はどうでしょうか。スケジュール通りの生産など、到底不可能でしょう。
成形プロセスにおける業務の無駄をなくし、予定に従って順調に製品の生産を進めていくためには、作っているものに相応しい離型剤を選びましょう。

金型を使って成形する製品づくりに欠かせない離型剤とは

プラスチック、そしてゴムは、それぞれ、様々な製品を作るのに、原料物質として頻用されています。素材としては、各々の性質は全く異なるもので、それぞれの個性・特質を生かしたタイプの製品に使われています。しかし、両者に共通していることが一つあります。それは、いずれも、金型という型を使って成形されるという点です。そして、部品を組み合わせて形づくりをする場合と異なり、金型を使用する製品づくりでは、離型剤の存在が欠かせません。
金型で成形する際、ゴムやプラスチックは液体の状態で、まず型の中に流し込まれます。液状なので、型の形に合わせてゴムやプラスチックの形も変わり、そのまま型の中で固まります。そこまでくれば、あとは型から中身を綺麗に取り出せばいいのですが、このステップで、もし、離型剤を予め金型に塗布していなかった場合、残念ながら、中身をそのままの形で取り出すことが出来ない場合が多々あります。それは、ゴムやプラスチックが金型にこびりついてしまうためです。
離型剤を使っていれば、この取り出し作業をスムーズにすることができます。特に、フッ素コーティング剤を使った離型剤だと、素材の金型への粘着を強力にブロックしてくれるので、取り出し作業を非常に簡単にしてくれるでしょう。


金型成形に欠かせない離型剤をお求めなら【フロロテクノロジー】のHPをチェックしましょう!フロロテクノロジーはフッ素コーティング剤や離型剤の専門業者です。

離型剤選びでは持続性と現場での使い易さを重視しよう

フッ素系、ワックス系など、離型剤にもいろいろ異なる製品があります。成形プロセスの要となる重要な存在である離型剤、これを選ぶ際、重視するポイントとして離型性能そのものを外せないことは言うまでもありません。離型性能とは、どの程度綺麗に、簡単に、成形物を金型から取り外せるか、その効果の高さで判断しま…

MORE

成形現場の2つのロスを減らせる離型剤のおすすめ

プラスチックやゴム製品のメーカーでは、素材に一定の形状を与え、製品として販売可能な状態にするステップとして、成形という作業を行います。この際、離型剤として最適なものを選ぶことで、成形の過程で生じがちな2つのロスを極力減らすことが可能になります。まず、ひとつめのロスとして、原材料のロスが…

MORE

安くて便利で高品質な製品づくりに役立つ離型剤

世の中には様々な優れた技術がありますが、一つの技術が多方面の分野で多大な貢献をしている例もあります。フッ素コーティングがその一つの例です。フッ素コーティングは、その技術そのもので、医療分野、アパレル分野、食生活に関する分野全般で多大なメリットをもたらしていますが、もう一つ、別の顔で、こうした分…

MORE

離型性能が高い離型剤で破損しやすい製品も綺麗に成形可能

プラスチック製の軽量で持ち運びしやすいカトラリーがあります。フォーク、ナイフ、スプーンなどがポピュラーで、使い捨て前提で、お弁当用に使ったりキャンプの時に大量に持参したりできる便利な製品です。軽くて持ち運びが楽なことはメリットですが、金物と違って、ちょっと力を入れすぎただけですぐに折れるという…

MORE

post list

SITE MAP